home へ
next (次のページへ進む)
back (前のページへもどる)

論文
Papers


論文等 (Papers or essays, etc.)

 1. Oxford English Dictionary に "material" "quotations" "additions and corrections" など約40〜50例提供した。
    Oxford 社のMrs. L. S. Burnett, Senior Editor (General) より、下記日付で謝辞をいただいています。
     
    10 March 1978 / 4 April 1978 /  25 July 1979  /  17 December 1979  /   
    26 February 1980  /  28 September 1988 
 
    この業績は2017年1月15日にホームページに書き込みました。記載が遅れました理由は、日夜、仕事に
    忙殺され、整理がつかなかったことによります。

 2.「『ハード・タイムズ』――レトリックに見る作者の感情――」(『文体論研究』第28[1981]所収)

 3.「『ハード・タイムズ』のテクスト」(『ディケンズ・フェロウシップ会報』第4号 [1981] 所収)

 4.
On the Significance of a Cancelled Passage from Hard Times (Studia Anglistica No. 1 [1982] 所収)

   日本英文学会中国四国支部第34回大会(1981年、於高知大学)で発表した原稿をもとに作成した
     
もの。『ハード・タイムズ』第2巻第6章で、スティーヴン・ブラックプールはレイチェルとある
     
「約束」を交わしたと言っているが、それが一体どういう約束だったのか不明になっている。実はこの
     
「約束」はディケンズが出版直前に削除した部分に含まれるのであり、削除によって照合不能が生じて
     
いるのだ。そのことは、読後感を不快にするものであり、結果、作品の完成度を減ずることになる、
     
と結論づけている。

5. Charles Dickens. Hard Times (New York & London: Norton &  Company, 1966) は"An Authoritative text"として
     刊行されたが、幾らかの修正が必要であった。わたしは拙稿、For a Better Norton Critical Edition of Hard Times
     (Studia Anglistica No. 2 [1982]
所収)でその修正を行った。この業績により、同書の第2版(1990p. xii
   第3版(
2001pp. x, 239、 第4版 (2017) p. 253 に私の名前が出ています。
    This paper is contributing to the revision of the Norton Critical Edition of Hard Times (New York & London:
           Norton & Company, 1966).  Please read the second, third, and fourth Edition.

    
    なお、上記拙論は"REVIEW ARTICLE, RECENT NORTON CRITICAL EDITIONS", DICKENS QUARTERLY
    Vol. VIII, No. 4 December 1991, pp. 179-187.  で取り上げられ、拙論への言及は185頁で
    Ford and Monod give credit to Takashi Terauchi for sugestions in improving their text, and many of
    his suggestions do appear in the text or the textual notes. ... のように書き始められています(see pp. 185to 187.)

    上記拙論とHard Times 論5編を、ディケンズ学の泰斗Phillip Collins教授(b. 1923 - d. 2007)に送付しましたところ
    つぎの批評(dated 7 January 1987)をお寄せくださいました。
    
    Dear Mr. Takashi Terauchi,
        Many thanks for sending me those five essays of yours, on aspects of those essays of Hard Times. 
    You must be not only the champion Japanese scholar on these topics, but also in many areas of verbal and
    textual detail the world champion. [...]
        Clrealy you have put scholars, not only in Japan but eleswhere, in your debt. I offer you my congratulations
    and my thanks--and my best greetings for the New Year.      
                                             Yours sincerely,
                                              (Signature)
                                              PHILLIP COLLINS                

  6.Dickenss Hard Times and the OED (『文体論研究』第30 [1983] 所収)
     
  7.『ハード・タイムズ』の「登場人物一覧表」(『ディケンズ・フェロウシップ会報』第7 [1984]
       
所収)
     こんにち流布しているディケンズ小説の大抵は小説冒頭前に「登場人物表」(Characters)を掲載して
     いるが、この「表」は1〜2の版を除き、どの版も同一である。この理由は、これらの版が
     "Oxford India paper Dickens, copyright edition, with illustrations by Cruickshank, 'Phiz', etc."
     (下記参照)に依拠しているからである。
     Hard Timesの「表」には"THOMAS GRADGRIND, his youngest son; a selfish ..."とあるが、これは誤謬。
     The Chimes in Christmas Booksの「表」には"TUGBY, porter to Sir James Bowley"とあるが、これも
     誤謬。それぞれ、"THOMAS GRADGRIND, his eldest son; a selfish ...""TUGBY, porter to Sir Joseph Bowley"
     とするのが正しい。
     これらの誤謬についてOxford University Pressに対し、前者は1984年2月13日付書簡、後者は1988年7月
     21日付書簡でそれぞれ通知し、返書として同社から、Nicola Bion, Editor, General Books (dated 5 April 1984)
      と、Melissa Spielman, Assitant Editor (dated 28 September 1988)からそれぞれ書簡を賜り、謝辞と共に、
     上記の指摘が正しい旨、回答をえた。約100年間、誤記が見過ごされていたことになる。

"The Oxford India Paper Dickens, Complete Edition With Illustrations by Cruikshank, 'Phiz,' &c." 16 vols.

London: Chapman & Hall Limited and Henry Frowde, ca. 1901A2. Measures approx. 7" x 4-1/2" x A3/4". Full green leather binding, embossed with a medallion depicting Dickens, and characters from the stories (from the original illustrations by Browne). Gilt lettering on spine. Gilt top edges. The titles in the collections are as follows: Vol. I "A Tale of Two Cities" and "A Child's History of England", Vol. II "The Pickwick Papers", Vol. III "Oliver Twist" and "The Uncommercial Traveller", Vol. IV "Christmas Books", "Master Humphrey's Clock", and "The Mystery of Edwin Drood", Vol. V "Great Expectations", "Reprinted Pieces, Etc.", Vol. VI "Dombey and Son", Vol. VII "Nicholas Nickleby", Vol. VIII "David Copperfield", Vol. IX "Christmas Stories". Vol. X Missing. Vol. XI "Hard Times, Etc.", "American Notes", "Pictures From Italy", Vol. XII "Sketches by Boz." Vol. XIII "Martin Chuzzlewit", Vol. XIV "The Old Curiosity Shop", Vol. XV "Barnaby Rudge", Vol. XVI "Little Dorrit", Vol. XVII "Our Mutual Friend."

The Oxford India Paper Dickens, taken from <http://www.aspireauctions.com/auction67/15130.html>.

Webcat
は下記の説明をしている。
The Oxford India Paper Dickens. -- copyright ed. -- (BA40645796) London : Chapman & Hall : Henry Frowde New York : Oxford University Press. American Branch 17 v. ; 18 cm
注記: "This edition of the complete works of Charles Dickens is issu ed in seventeen volumes." 別タイトル: The Oxford India Paper Dickens with illustrations by Cru ikshank, "Phiz," & c. in seventeen volumes.   (http://webcat.nii.ac.jp/cgi-bin/shsproc?id=BA40645796

8.「19世紀中期――「手」が意識された頃――」(『ディケンズ・フェロウシップ会報』第13号
       
[1990] 所収)
     http://www.dickens.jp/bulletin/bulletin-13.html

  . Christian Disinterestedness in Great Expectations. (私家版 Notes on Dickens 1990)

10Christian Plainness in England. (私家版 Notes on Dickens 1993)

11.「‘エクセルシア考’――ディケンズとロングフェローの一接点――」
 
   (Excelsior: A Motto Connecting Dickens and Longfellow).
    『ディケンズ・フェロウシップ日本支部 年報』(第26号、2003年)所収。
      (The Japan Branch Bulletin of the Dickens Fellowship. No. 26 (2003)).
      http://www.dickens.jp/nenpo/nenpo-26.pdf ここを開き3〜12頁をご覧ください。

12.「ウスター編『英語辞典』とディケンズ」(Worcesters Dictionary and Dickens)(同上)
      http://www.dickens.jp/nenpo/nenpo-26.pdf ここを開き78-80頁をご覧ください。

13.‘Excelsiorと辞典」(‘Excelsior’ and Dictionaries)
    ディケンズ・フェロウシップ日本支部の電子
アーカイヴで、2003年10月以来公開しています
     http://www.dickens.jp/archive/misc/misc-terauchi-1.pdf

14.「エクセルシア、またはニューヨークの州章」(Excelsior, or New Yorks Seal)(同上)
     http://www.dickens.jp/archive/misc/misc-terauchi-2.pdf

15.「エクセルシア(3ポイント活字)にかかわって」(Concerning Excelsior (3 point type))(同上)
     http://www.dickens.jp/archive/misc/misc-terauchi-3.pdf

16.「クレイギー・ハウス――そしてロングフェロー、ウスター、ディケンズ、・・・――」(Craigies  
            House--and Longfellow, Worcester, Dickens,
.
)(同上)
     http://www.dickens.jp/archive/misc/misc-terauchi-4.pdf

17.「ディケンズと‘エクセルシア’(補遺)」(Dickens and Excelsior: A Supplement)『ディケンズ・
       
フェロウシップ日本支部 年報』(第27号、2004年)所収。(
The Japan Branch Bulletin of
             the Dickens  Fellowship.
No. 27 (2004)).
     http://www.dickens.jp/nenpo/nenpo-27.pdf ここを開き56頁をご覧ください。

18. 「ディケンズの今わの言葉−−『うん、地面にね』−−」(Dickens's Last Words: "Yes--on
        the Ground"
『ディケンズ・フェロウシップ日本支部 年報』(第28号、2005年)所収。
      (
The Japan Branch Bulletin of the Dickens Fellowship. No. 28 (2005).
     http://www.dickens.jp/nenpo/nenpo-28.pdf ここを開き49−52頁をご覧ください。

19. 「ディケンズはキャサリンと和解できたか?」(Could Dickens be reconciled with Catherine?)    
    ディケンズ・フェロウシップ日本支部 平成18年春季大会(山口大学、2006年6月10日)で発表

20. 「ディケンズはキャサリンと和解できたか?」(Was Dickens Reconciled with Catherine?)『ディケン
     
ズ・フェロウシップ日本支部 年報』(第29号、2006年)所収。(
The Japan Branch Bulletin
          of  the Dickens Fellowship.
No. 29 (2006)
    http://www.dickens.jp/nenpo/nenpo-29.pdf ここを開き108-119頁をご覧ください。

21. 「二人の先哲」(To the Memory of my Dear Two Professors: Shigekiyo Kawahara and Sylvere Monod)
    『ディケンズ・フェロウシップ日本支部年報』 (第30号、2007年)所収
    (The Japan Branch Bulletin of the Dickens Fellowship. No. 30, 2007)
    http://www.dickens.jp/nenpo/nenpo-30.pdf
 ここをクリックし、96-102頁をご覧ください。

22. "Dickens and Gad's Hill Place" 『ディケンズ・フェロウシップ日本支部 年報』(第30号、2007年)
       
所収(The Japan Branch Bulletin of the Dickens Fellowship. No. 30 (2007)
    My name is "Takashi TERAUCHI", though my name is misprinted "Takeshi TERAUCHI" in the site
    given below.
    http://www.dickens.jp/nenpo/nenpo-30.pdf ここをクリックしpp. 145-158をみてください。

23. 「ディケンズの3小説David Copperfield, A Tale of Two Cities, Great Expactations を読む」
         
ディケンズ・フェロウシップ日本支部2008年春季大会で発表(2007年6月7日、於江戸川大学)
     下記は口頭発表のときに提示したハンドアウトです。
     http://victorian.lang.nagoya-u.ac.jp/dickens/spring/08/vod/terauchi.pdf
    

24. The Letters of Charles Dickens Oxford: Clarendon Press, 12 vols)の補遺作成に貢献しています。
    Andrews, Malcolm, ed. The Dickensian の下記各巻各ページに私の氏名が出ています。
      Vol. 103, Part 1 (Spring 2007), p. 37
      Vol. 103, Part 3 (Winter 2007), p. 206
      Vol. 104, Part 2 (Summer 2008), p. 140
      Vol. 104, Part 3 (Winter 2008), p. 236
      Vol. 105, Part 1 (Spring 2009), p. 36
      Vol. 105, Part 2 (Summer 2009), p. 135
      Vol. 105, Part 3 (Winter 2009), p. 225
      Vol. 106, Part 1 (Spring 2010), p. 42
      Vol. 107, Part 3 (Winter 2011), p. 228
      Vol. 108, Part 2 (Summer 2012), p. 143

25.  つぎの拙論は2009年10月22日付で下記サイトに掲載されました。
     “Reading Dickens's Three Novels: David Copperfield, A Tale of Two Cities and Great Expectations
     は
     http://www.dickens.jp/archive/general/g-terauchi-3.pdf でお読み頂くことができます。

26.   つぎの拙論は2010年9月6日付で下記サイトに掲載されました。
     “Dickens's Death
     http://www.dickens.jp/archive/general/g-terauchi-4.pdf

27.  「ユダヤは『律法』で滅びキリスト者は『律法』破棄で勝利した――閉塞の支配知識階級と無学者の突破」

     鶴見良次・編 『成城イングリッシュ モノグラフ』第43号、青木健教授退職記念号(東京:成城大学大学院文学研究科、
     2012年3月) ‘Judea perished with Pentateuch and Christianity won in discard of Pentateuch
     http://www.seijo.ac.jp/graduate/gslit/orig/journal/english/ から
     http://www.seijo.ac.jp/graduate/gslit/orig/journal/english/pdf/seng-43-13.pdf 
      移動してください。

      本論文の訂正 221頁 「前598年」 → 「前587/6年」 に訂正
                     「ヨヤキン(エホヤキン)」 → 「ゼデキヤ」 に訂正
                252頁  泉田明[他編」『新聖書大辞典』 → 泉田明[他編」『新聖書辞典』 に訂正


28.  チャールズ・ディケンズ博物館の元館長デイヴィッド・パーカーさんを偲んで
    To the Memory of the ex-curator Dr. David Parker of the Charles Dickens Museum

     チャールズ・ディケンズ博物館の元館長デイヴィッド・パーカー(Dr. David Parker)さんが2013年2月2日
     にお亡くなりになりました。享年72。生前、メール上ではありますが、たいへん親しくして頂きましたので

     Obituary
を書きました

29.  「拙著 Charles Dickens: His Last 13 Years の書評に応えて」 『年報』ディケンズ・フェロウシップ日本支部第36号
     (2013年11月20日発行、pp. 77-78)
     http://www.dickens.jp/bulletin/bulletin.html ここを開き77−78頁をご覧ください。

30.  「ヘレニズムがヘブライズムを生んだ――犬のディオゲネスが種をまき、テント屋のパウロが咲かせた世界主義」
     『第86回大会Proceedings』(日本英文学会、2014、pp, 261-62)
     本稿は2013年10月19日、日本英文学会中国四国支部第66回大会(於山口大学)で口頭発表した原稿の梗概です。

31.   「ヘレニズムがヘブライズムを生んだ――犬のディオゲネスが種をまき、テント屋のパウロが咲かせた世界主義」
      Hellenism Gave Birth to Cosmopolitan Hebraism: Diogenes the Dog Sowed a Seed of         
      Cosmopolitanism, and the Tentmaker Paul Made It Bloom


32.   
インターネット上の討論の場The Dickens Forumに19回登場した。その内の1回に、
      Forumの編集者Patrick McCarthy教授の次の記事(dated 11 November 2011)がある
      Friends of the Forum,
      Being under the scrutiny of your fellow subscriber, Takashi Terauchi (Mr.) occasionally makes your editor nervous        about his own fastidiousness.  Writing from Nomura, Kusatsu City, Shiga, Japan, Mr. Takashi Terauchi has been
      scrutinizing the text of the 12-volume Pilgrim Edition of _The Letters of Charles Dickens_ with the eye of a hawk.







Copyright c 2003 Takashi TERAUCHI. All Rights Reserved.